読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

映画「フロスト×ニクソン」のレビュー & DORA麻雀の役「タンヤオ」

やばいな3日前検査の結果を渡された(^▽^;)

診断結果がうーん。ヘ( ̄∇ ̄ ヘ)),,,,,ソォーット

まずは食事制限かエクセサイズを始めないと駄目なので
あー。ダイエットか~(T△T)

節食はストレスになるから
運動だろうな。フッヽ(エ` )ノヽ(´エ`)ノヽ(´エ)ノ フッ

どれにしようかな?(゚ー゚;Aアセアセ
手軽にできるスポーツと言えば空手なのかな
私にとっては、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`

しかしながら、一人でやるとなると継続できる自信がありませんヽ(● ´ ー ` ●)/
誰か一緒に頑張ってくれる友達を探さないとヘ('◇'、)/~ ゥヶヶヶ...

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと燃えております!!!!v(。・・。)イエッ♪
ってyahooに載ってる感想ですが~(^◇^)/ ウホホホ


今日は「フロスト×ニクソン」の感想について紹介しようかと思っています_(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!バンバン!!


この映画の製作年は2008年です!!

監督はロン・ハワードで、脚本がピーター・モーガン〔脚本〕です!ニャハハハ!!ヾ(▽^ヾ)ヾ(  ̄▽)ゞニャハハハ!!

この映画の主役はフランク・ランジェラ (リチャード・ニクソン)です。(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
フランク・ランジェラ (リチャード・ニクソン)、マイケル・シーン (デビッド・フロスト)、ケヴィン・ベーコン (ジャック・ブレナン)、レベッカ・ホール (キャロライン・クッシング)、マシュー・マクファディン (ジョン・バート)、オリヴァー・プラット (ボブ・ゼルニック)、サム・ロックウェル (ジェームス・レストン・Jr)、トビー・ジョーンズ (スイフティー・リザール)、パティ・マコーマック (パット・ニクソン)、クリント・ハワード (ロイド・デイヴィス)ってな感じ。x・)ぷっ

この映画を観て、何よりも印象強く残ったものは
、「音声」だった。

国史上最悪の汚名を持つ元大統領と野心溢れるテレビ司会者。

二人の男の織りなす会話が、高級ステレオから流れるジャズのように
響いてくる。

リチャード・ニクソンという米国大統領に
ついても、彼の転落の発端となったウォーターゲート事件
ついても、もちろんデビット・フロストという英国人のテレビ司会者のことも、
ほとんど詳細を知らない。
キーワードとしての部分的な知識しか無かったので
、イメージとして、汚職にまみれた元大統領を
、野心家のインタビュアーが最終的に
言い負かすというような映画なのだろうと思っていた。


が、実際はそうではなかった。

国史上初の任期中での退任を余儀なくされ、
ホワイトハウスを去りゆくニクソンの一寸の“表情”に
瞬間的に惹き付けられ、インタビューを
申し込むテレビ司会者。


バラエティー番組専門の彼にとって、
それはあまりに盲目的な挑戦であったと思う。

センセーショナルなインタビューを
通じて、片方は政界への復帰を目論み、
片方は名声の得ようと画策する。

それはもちろん正直な両者の思惑だったのだろうが
、それと同時に二人の男に生じていたものは
、現実に対する自身への葛藤と、それを
打ち砕くための好敵手の発見だったので
はないか。

己の人生に対する自信と失望。

「今」から脱却し、次のステージへ進むために
は、人生そのものを壊してしまうくらいに
強力な起爆剤が必要。


年齢も立場も何もかもが違う二人が
、奇しくも同じ思いを互いに感じたのだろうと思う。
結果として、勝利はフロストへもたらされ、
ニクソンの思惑は完全に閉ざされる。

しかし、この映画が描いたのは、その勝利に
まつわる痛快感などではなく、敗北者で
あるリチャード・ニクソンという希代の米国大統領の本質的な姿だった。

感情を吐露し、人生を憂う姿に、人間として尽きない興味深さを
感じた。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~*1乾杯♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回はタンヤオを説明したいと思います!わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい


手牌が全て2~8の数牌で成立します。片方の聴牌で和了ると成立しますが、
もう片方での和了は成立しない時もあります。


例えばこういうのですね(@Д@; アセアセ・・・


5筒 5筒 5筒、3萬 3萬 3萬、④筒 ④筒 ④筒③筒 ④筒③ピン③ピン


一般的には、アリアリのルールがほとんどですが、
完全先付けと鳴いタンなし(ナシナシ)というルールを自分達が決めた際は、
上の手牌のように役牌が確定していないのに鳴く時他に役がないと和了れませんXx(  ̄┏Д┓ ̄)ダーメダメ( ̄┏Д┓ ̄ )xX


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

タンヤオ(出現割合:21.4%)
2~8までで揃える役。
喰いタンが有りのDORA麻雀では早上がり重視でかなりオーソドックスな役。
喰いタン有りというのはDORA麻雀の大きな特性で、鳴きが好きな人からすれば嬉しい役だ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(・へ・;;)うーむ・・・・


この辺りで!
しかし今日は鼻が痛いなあ
明日もあるしおやすみ~オヤスミ♪<(゚ー^)ノ^*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆



おすすめ記事

 

 

 

 

 

 

 

 



 

*1:8-(o'▽')o□☆□o('▽'o)-8