読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 141 $の勝ち & 映画「青の炎」に関して

最近受けた検査の診断結果を渡された(^◇^)ケッケッケ...

その診断結果はというと・・・
全て正常ヾ(゚Д゚)ノ ウケケケ・・ケーッケケケケケ

まぁ、当然の結果かな?なんてね
最近、自転車始めたおかげだろうか?ヾ(=^▽^=)ノ

今後も継続しよっと(▼∀▼)ニヤリッ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最近映画にハマりまくっているので映画のレビューをご紹介したいと燃えております。(*≧m≦*)ププッ

はい??テメエの紹介文ではないの??
という感想は華麗にスルーしますy( ̄ー ̄)yピースピース


今回は「青の炎」の感想を紹介しようかと思っています!!!( ̄皿 ̄)うしししし♪


この映画が作られた年は2003年です!

監督は蜷川幸雄で、脚本が蜷川幸雄です!!!!(Φ(Φ(Φ(Φ(Φ(Φ(ΦωΦ)Φ)Φ)Φ)Φ)Φ)Φ)Φ)Φ)ンフフフ

この映画でメインで出てくる人は二宮和也 (櫛森秀一)です。「(゚ペ) エットォ…

この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、松浦亜弥 (福原紀子)、鈴木杏 (櫛森遥香(特別出演))、秋吉久美子 (櫛森友子)、山本寛斎 (曾根隆司)、中村梅雀 (山本英司)、六平直政 (加納雅志)、竹中直人 (私書箱の男)、唐沢寿明 (神崎慎太郎)って感じですね(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん

アイドル映画と思って馬鹿にして観ると「おお!?」と思うかもしれないけど、
かといって過剰に期待しすぎるとちょっと・・・っていうのが
正直なところ。

これは皮肉で言うんじゃなくて、若いときに
観ないと分からないタイプの青春映画なのかもしれませんね。

個人的には、義理の父(ではなかったっけ?)と母親が
セックスをしてるのを主人公が聞いてしまう所が
痛々しかったです。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~(・m・ )クスッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は一盃口を説明したいと思います!!!。(ёё。)(。ёё)。うふうふ♪


一翻役の1つ。比較的和了りやすい役の一つです。

同じ順子を2組揃えることで一盃口が成立します(`0´)ノ オウ!
たとえば、1筒 2筒 3筒3s 4s 5s②ピン ③ピン ④ピン⑥筒 ⑦筒二萬二萬など。

ピンフやタンヤオなどと複合しやすく、点数が伸びやすい。


しかし、面前(めんぜん)手で上がる必要があるため、
ポンやチー、明槓をすると一盃口(イーペーコウ)は消えてしまう。

イーペーコウを2つ作ると、二盃口という三翻の役になるがめったに見ない。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

一盃口(出現割合:4.75%)
手牌の中で同じ順子を2種類で成立する役。
牌効率を考えながら打つと「4556」等で5を切らずに「3467」を引いてくっつけようとすると案外簡単にできたりもする。狙いに行く、というよりは視野に入れて打つといったスタンスが望ましい役だ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(´-`) ンー



DORA麻雀の登録方法

今晩はこの辺で
しかし今日は頭が痛いなあ
さよなら~ヾ(´○` )お♪( ´▽`)や♪(´ε` )す♪( ´θ`)ノみ♪

ネットの賭け麻雀




おすすめ記事