読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

DORA麻雀の役「大三元」 & 映画「主人公は僕だった」に関して

結構体型がまずいことになってるY(>_<、)Y ヒェェ!
ダイエットし始めないとヤバイ

節食するのはストレスになるので
運動するべきなのだろうなヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪

何が儂に適してるかな?ヾ(;´▽`A``アセアセ
運動と言えば自転車ですかね
俺に限っては(@Д@; アセアセ・・・

さりとて、独りだと続かないだろうな~イヤイヤ"o(><o)(o><)o"イヤイヤ
誰か一緒にやってくれる仲間募集びゃははは (≧ω≦)b

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

近頃映画大好きーな感じなので映画の感想をご紹介させて頂きたいと考えていますΨ(`▽´)Ψウケケケケケ

ってあなたの紹介文ではないの??
というツッコミはスルーヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆


今回は「主人公は僕だった」の感想ですねウケケ~ψ(◇´*)ψ(`∇´)ψ(ψ゚ρ゚)ψウケケ


この映画の製作年は2006年です!!

監督はマーク・フォースターで、脚本がザック・ヘルムです!!O(≧∇≦)O イエイ!!

この映画のメインは何と言っても!!!ウィル・フェレル (ハロルド・クリック)です!!!(ーΩー )ウゥーン

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ウィル・フェレル (ハロルド・クリック)、エマ・トンプソン (作家 カレン・アイフル)、ダスティン・ホフマン (教授 ジュールズ・ヒルバート)、クイーン・ラティファ (ペニー・エッシャー)、マギー・ギレンホール (アナ・パスカル(ベーカリーショップのオーナー))、トム・ハルス (医師 ケイリー)、リンダ・ハント (医師 ミッタグ=レフラー)、クリスティン・チェノウェス (ブックチャンネルの司会者)ってな感じ。o(↑∇↑)ノ彡☆バンバン ウレシナキー!!

なかなか変わった切り口の映画で最後まで
興味深く観ることはできたのですが
、映画としての出来は微妙だったと思います。

最大の問題点は、主人公が登場する小説の内容が
観客に対して説明されていなかったということ。

「几帳面な公務員が主人公の悲劇」という情報だけで
は不十分で、このために作者と創作物が
対話をするという本企画の趣旨が死んで
しまっています。


さらには、主人公の死によって美しい物語が
完成するという構図を観客の頭の中に
作り損ねているために、自らの死を
受け入れたハロルドや、逆に小説の完成度を
犠牲にしてでもハロルドを救ったカレンの決断の意義が
薄れてしまっています。
その他にも、前半のキーパーソンだったアナが
、映画の核心に触れる後半では空気同然の存在感に
なるなど、構成上の不備がいくつも目に
付きます。

同様の趣旨を持つ企画だったチャーリー・カウフマン脚本の『アダプテーション』と比較するとアイデアもユーモアも不足しており、
本作の脚本はもっと煮詰めるべきだったと思います。



マーク・フォースターによる演出も、
真面目一辺倒で面白みに欠けました。
この題材であればもっと個性を出すべきだったのに
、フォースターは基本的に脚本を追いかけるのみ。

ストーリーテリングにおいてもビジュアルに
おいてもこれといった特徴がなく、
凡庸な出来に終わっています。



◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~。∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は大三元に焦点を当てたいと思います!ワーイヾ(´ρ`)ノ゛ワーイ



大三元は、国士無双(コクシムソウ)や四暗刻(すーあんこ)と並んで比較的成立しやすい役満として知られている。


鳴いて手を作ることができ、しかも9枚しか手牌を制約しないんだので、
役満の中ではもっとも難易度の低い部類に入る。

ただし、和了やすい分警戒もされやすい。


配牌に白發中の対子(トイツ)が揃っていても、ことごとくポンできますとは限らず、
相手方の警戒が強い場合は2つ目さえ鳴けない場合もある。

3つのうち少なくとも1つは自力で暗刻にしないと、大三元のあがりは難しい(^▽^;)


使う牌の性質字一色(つーいーそー)との複合が可能ですウキャキ☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀 レート

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。「(゚~゚o)ウゥーン


今から5時間後には待ち焦がれたマナビスの友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだィェーィ!o(▽^v)v(゚▽^)v(v^▽)oィェーィ!



おすすめ記事