読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 63 $の勝ち & 映画「サイレントヒル」の感想

3日前血液検査の結果が戻ってきてしまった!(‐^▽^‐) オーホッホ

その診断結果は・・・
健康O(≧∇≦)O イエイ!!

あ~良かったわ。問題無くて
ここんとこ、水泳を毎日してるせいだろうか?( ̄ー ̄)ニヤリッ

来月からも続けよ(≧m≦)ぷっ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと燃えております!!(^_-)vブイブイッ
ってyahooに載ってる感想ですが_(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!バンバン!!


本日は「サイレントヒル」の感想を紹介しようかと思っています。('-'*)フフ


この映画の製作年は2006年です

監督はクリストフ・ガンズで、脚本がロジャー・エイヴァリーです!!!"└|  `   ▽   ´  |┘"ワッハッハ!!

この映画の主役はラダ・ミッチェル (ローズ・ダ・シルバ)やショーン・ビーン (クリストファー・ダ・シルバ)です(━_━)ゝウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ローリー・ホールデン (シビル・ベネット)、デボラ・カーラ・アンガー (ダリア・ギレスピー)、キム・コーツ (トーマス・グッチ警部)、ターニャ・アレン (アンナ)、アリス・クリーグ (クリスタベラ)、ジョデル・フェルランド (シャロン・ダ・シルバ)、ジャネット・ランド (教徒)、クリストファー・ブリットン (アダム)ってな感じ。ニャハハ(*^▽^*)

息もつかせぬ展開ながらまったくもって作品に
入っていけないという、ある意味珍しい作品。


興味をそそるいろいろな仕掛けを投げているのだが
、それがこちらにまで届かず、見せられている感が
強い。


スタイリッシュな映像や雰囲気は好感が
持てるものの、それ以外に見るものが
無い。

おもしろそうなものを吟味せずに詰め込んで
、消化できないまま破たんしてしまった感じ。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~イエーイ(゚ー゚*d)(b*゚ー゚)イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は対々和に焦点を当てたいと思います!!!(T▽T)アハハ!


対々和とは、同じ牌3つを4組作って和了った場合に成立します麻雀の役の1つでしょう。

麻雀の役のうち1・2位を争う覚えやすい役。通称トイトイ。対々。

刻子(こうつ)(同じ牌3つ)を4つ作る役。雀頭も必要。

鳴いても鳴かなくてもニ翻。

そのため、実質鳴き前提の二翻役。

門前での成立はツモり四暗刻(すーあんこ)。ロンなら、三暗刻が必ず付加する実質四ハン役。


刻子(3枚組)+雀頭という簡易な構成ですねから、
初心者・初級者が意識しやすい役です。

が、見た目とは裏腹に待ち牌が少なくなる(最大でも4枚しかない)分
和了りづらく、かつ鳴きが前提になるんです分、防御力の低下が
発生するなど危険が大きい役でもある。


刻子の一歩手前、対子(2枚組)ばかりを集めれば七対子ですため、
どちらを選ぶかは状況を見て判断しよう。

狙う場合は役牌や混一色(ほんいつ)などと複合するように構成すると
高打点を期待できる。

また、ドラがあれば一気に満貫以上まで加速できますから、
ある程度の手の変化は視野に入れつつ狙うと良いだろう。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

対々和(出現割合:3.92%)
順子が無ければ良い単純な役。
しかし意外にその出現頻度を少なく、それでいて喰い下がりが無い対々和鳴き麻雀を展開する人にとっては必ず視野に入れて打つ役である。「帯ヤオ九」以外にも「混一色」、さらに「三色同刻」も視野に入れるケースもあるだろう。ドラの副露の場合はハネ満まで伸びるケースも珍しくないので鳴きながらゲーム自体を終わらせる破壊力を持つ場合もある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ「(´へ`;ウーム


今から5時間後にはついに待ち焦がれた中学3年の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 39 $の負け & 映画「リターナー」の感想


DORA麻雀の負け方に関して4




おすすめ記事