読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

映画「アメリカン・グラフィティ」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 23 $の勝ち

本日は12時から快晴みたいだわ(⌒-⌒)ニコニコ...

天気が良いならば飲みに出てみようかなレ(゚∀゚;)ヘ=З=З=Зニゲロ!!

★★★★★★★★★★★★★★★★

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を伝えたい!と考えています!!!!(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
とは言ってもヤフーにある感想ですがピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!


今日は「アメリカン・グラフィティ」の感想を紹介したいと思っていますヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ


この映画が作られた年は1973年です!!

監督はジョージ・ルーカスで、脚本がジョージ・ルーカス、グロリア・カッツです!!(⌒▽⌒)きゃははは

この映画のメインは、リチャード・ドレイファス (カート・ヘンダーソン)やロン・ハワード (スティーヴ・ボランダー)です!!!・・・( ̄  ̄;) うーん

この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ポール・ル・マット (ジョン・ミルナー)、チャールズ・マーティン・スミス (テリー・フィールズ)、ハリソン・フォード〔1942年生〕 (ボブ・ファルファ)、キャンディ・クラーク (デビー・ダンハム)、キャスリーン・クインラン (ベグ)、ボー・ホプキンス (ファラオ団ジョー)、マッケンジー・フィリップス (キャロル)、ケイ・レンツ (ジェーン)って感じですねΨ(´д`)Ψヶヶヶ・・・

長い間この作品のレビューを書かないで
いました。
なぜかと自分に問い掛けるが、なんなのかよくわからずに
いました。

私にとってこの作品はとっても大事な宝物のようなもので
す。

甘酸っぱい青春を(私にもあったんで
すよ!)ふつふつと思い起こさせてくれる素晴らしいアート作品で
す。


みながそれぞれの思いを胸に旅立つ最後の夜スライドショーのように
過ぎ去りし青春のカットが見ている我々に
も呼び起こされてきませんか?大作で
はもちろんありません。

脚本もたけているわけではありません。
新進のいち監督が自分の半生を振り返りひとつひとつかみしめるように
撮りあげた作品です。

彼にもこれからどのような人生が待つかわからない。


劇中の人物にもしかりです。


ただ、ある通過点で確かに何かの決別を
迎えたのでしょう。

誰にとってもこのような決別はあるのじゃないで
しょうか?胸にキュンとくるオールディーズに
のせてそこを、ついてくるよき作品だと思います。
現実にもその後の監督、出演者のさまざまな世界の活躍は
皆さんがよく知るところでしょう。
今でも青春喚起剤のように度々我が
家ではこのDVDをかけます。

そんなふうにこれからも語り継がれていくことを
願いたいと思います P.S ジョージルーカス→言わずもが
な大監督!  ハリソンフォード→知らない人いないよね。

 ロンハワード→ビューティフルマインド・コクーンアポロ13バックドラフトの名監督 リチャードドレンフアス→ジョーズ未知との遭遇のあの人

★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~(*  ̄▽)o□☆□o(▽ ̄ *) カンパァーイッ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は大三元に焦点を当てたいと思います。(‐^▽^‐) オーホッホ




大三元(ダイサンゲン)】
「白」、「發」、「中」の刻子(こうつ)(コーツ)を各1組ずつ作った役満です。


大三元(ダイサンゲン)とは?】
「白」「白」「白」、「發」「發」「發」、「中」「中」「中」というように、
三元牌(サンゲンハイ)(サンゲンパイ)です「白」、「發」、「中」の3種類の刻子を各1組ずつ作った役満で、
手が門前(メンゼン)か否かにかかわらず大三元(ダイサンゲン)が成り立つどろん!! |ω・) |・) |) ※パッ

槓子(カンツ)(槓子(カンツ))は刻子(コーツ)と考えられる為、槓子(カンコ)(槓子(カンコ))でも可能です。
大三元(ダイサンゲン)は、面前だけでなく、ポン・チー・ミンカン(食う)をしても成立します(  ̄ー) ヨコガオニヤリ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。(?(。_。).。o0O??


今晩はこの辺で
けど今日は何故か目が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休み!お(*'o'*)や(*'O'*)す(*'。'*)みぃ(*'-'*)ノ""

DORA麻雀 評判




おすすめ記事