読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

DORA麻雀の役「清一色」 & 映画「キング・コング(2005)」について

昨日の夜は特別にさみーです(>▽<)b OK!!

ということで秋刀魚が美味しい季節になります*1

秋刀魚に合う食べ物と言えばきゅうりの浅漬けだろうキャハハハ!! ヾ(@⌒∇⌒@)ノ彡☆バンバン!!


これにきゅ~っと「住の江」を飲むと最高です!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と思います。(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ
ってヤフーに載ってる感想ですが(*≧m≦*)ププッ


今回は「キング・コング(2005)」の感想ですね乾杯じゃ~(ノ▼皿▼)ノC□☆□Dヽ(▼皿▼ヽ)


この映画の製作年は2005年です!!

監督はピーター・ジャクソンで、脚本がフラン・ウォルシュフィリッパ・ボウエンです。(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪

この映画でメインで出てくる人はアン・ダロウ演じるナオミ・ワッツです。(´ヘ`;) う~ん・・・

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙するとナオミ・ワッツ (アン・ダロウ)、ジャック・ブラック (カール・デナム)、エイドリアン・ブロディ (ジャック・ドリスコル)、アンディ・サーキス (キング・コング/のろまなコック)、ジェイミー・ベル (ジミー)、カイル・チャンドラー (ブルース・バクスター)、トーマス・クレッチマン (エンガーホーン船長)、コリン・ハンクス (プレストン)、エヴァン・パーク (ヘイズ)、リック・ベイカー[メイク] (複葉機のパイロット)って感じですねイエーイ(∇≦d)(b≧∇) イエーイ

キング・コングが実に人間くさいところが
あって、それがとても良かった。

アンがお手玉やってるのに、あくびを
するところとか。


尺が長いのでだれそうだったけど、
力技で盛り返した感じです。

ナオミ・ワッツの女性特有の絶叫と、
恐怖のあまり声も出ず、ひたすら逃げまくる形相も自然な感じが
しました。

オリジナルを観てないので、これが
キング・コングかー、という印象で
すが、ただのモンスター映画にならなくて良かったと思う。

20世紀初頭の時代背景といい、未開の地の舞台設定といい、
映画に没入する要素も文句なしです。

2流の監督だったら、現代を舞台に
して、オリジナルのイメージを台無しに
していたと思う。

ピーター・ジャクソン監督に感謝。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います!クルクル(^-^)(-^ )(^ )( )( ^)( ^-) (゚∇^*)v⌒☆ブイッ!


喰い下がりありの六翻役(鳴けば五翻)。
手14枚を全部一色に染め上げる至高の役。


その見た目の美しさと、役満を除いたすべての役の中でもっとも高い翻数を持つ
打点の高さは病みつきになるほど……

ですけど、それ相応にあがりにくく、リスクも高い【壁】ρ(▼へ▼、メ) イヂイヂ

まず、同じ色の牌が14枚も必要になるから、
配牌の際点でよほど偏っていなければ厳しい。

清一色チンイツ)を狙える配牌を引き当てても、
往々にして「萬子(マンズ)だけ一切捨てられていない」と言うような河になるんですため、
清一色狙いがすぐバレて警戒の対象になりやすい。


特に、数牌の4~6などの、本来なら使い勝手が一番良く最後まで残されるはずの牌を
序盤から切っているとなおさらすぐバレるので、
鳴き・出和了りはあまり期待出来ぬ(((((((*ノノ)イヤン ハズカシー


また、一色で染まるということは構成が複雑になりますことも意味する。

チンイツでない、異なるんです色の数牌を使う普通のピンフなどの手や、
清一色チンイツ)でもいくつも鳴いた手では、どの牌がどのメンツに属しているのかは容易に判別出来る。

だが、面前(メンゼン)のチンイツだと1つの牌が他の色んな牌とメンツを組める状態になるんですので、
待ちが3面張は当たり前、多ければ5面張以上にもなるんです事がある。

うっかり誤リーチ・誤ロンしないように細心の注意を払わなくてはなりませんщ(=`(∞)´щ)カモーン!!


なお、九蓮宝燈清一色チンイツ)の上位に位置する役で、
111・2~8・999+何かという形である。また、ローカル役の大車輪は認められない場合、
断公九(タンヤオ)・平和(ピンフ)・二盃口(リャンペーコー)・清一色チンイツ)の11翻役となります・・・(゚_゚i)タラー・・・


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の実践記

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。( ̄ヘ ̄)ウーン


今から1時間後には待ちに待った浜学園の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~( )( =)( = ̄)( = ̄∇)(= ̄∇ ̄)(= ̄∇ ̄=)vニィ♪



おすすめ記事

 

 

 

 

 

 



 

*1:○=(▼▼メ)オリャ!o(▼皿▼メ)○オリャ!o(メ▼▼)=○