読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

映画「ドライヴ(2011)」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 190 $の負け

よし!!「スポーツの秋」やし、
スポーツをスタートするべきか(((((っ-_-)っ ソロリ ソロリ

何にしようかな?(゚ー゚;Aアセアセ
やっぱり手軽にできるスポーツでないと問題がありますからね
いや~体力を使うやつだと続かないからね~うふふっ(*゚v゚*)

さっさと考えようヾ(@~▽~@)ノ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と燃えております!Ψ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪
ってヤフーに載ってる感想ですが°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪


今回は「ドライヴ(2011)」の感想ですね!!ニャハハ☆(゚∇゚☆)(☆゚∇゚)☆ニャハハ


この映画が作られた年は2011年です!!

監督はニコラス・ウィンディング・レフンで、脚本がホセイン・アミニです!щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

この映画のメインは何と言っても!!!ライアン・ゴズリング (ドライバー)ですo( ̄ー ̄;)ゞううむ

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ライアン・ゴズリング (ドライバー)、キャリー・マリガン (アイリーン)、ブライアン・クランストン (シャノン)、ロン・パールマン (ニーノ)、オスカー・アイザック (スタンダード)、アルバート・ブルックス (バーニー・ローズ)、ラス・タンブリン (医者)って感じですね(・x・)ぷっ

スタイリッシュな映像と音楽。

センスのいい映画でした。

でも主演がライアン・ゴズリング
なかったら、わざわざ見に行ってなかったかな。

何かマヌケな感じの顔~と思ってたので
、その彼がどんなふうに変身!?という興味で
見に行きました。

意外や意外、なかなかの演技派だったんで
すね。

終盤の運転中シーンの、悲しみの漂う表情は
セクシーだったです~。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~。びゃははは (≧ω≦)b
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は大三元を説明したいと思います!!!(Φ(Φ(Φ(Φ(Φ(Φ(ΦωΦ)Φ)Φ)Φ)Φ)Φ)Φ)Φ)Φ)ンフフフ



大三元は、国士舞双(コクシ)や四暗刻(すーあんこー)と並んで比較的成立しやすい役満として知られている。


鳴いて手を作ることができ、しかも9枚しか手牌を制約しないんだため、
役満の中ではもっとも難易度の低い部類に入る。

ただし、和了りやすい分警戒もされやすい。


配牌に白發中の対子が揃っていても、総じてポンできるとは限らず、
相手方の警戒が強い際は2つ目さえ鳴けない際もある。

3つのうち少なくとも1つは自力で暗刻にしませんと、大三元のアガリは難しい\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆


使う牌の性質字一色(ツーイーソー)との複合が可能です(*'∇')ウフフフフ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。"o(-_-;*) ウゥム…



ドラ麻雀

本日はこの辺で!
しかし今日は頭が痛いなあ
疲れたので寝よ~っとお(+o+) や(+O+) す(++) みぃ(+-+)



おすすめ記事