読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

映画「パーフェクト・ワールド」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 114 $の勝ち

やばいな体重が増えてきたp(・・,*) グスン
減量しないと。。。

節食は不可能なので
運動しようかフッヽ(エ` )ノヽ(´エ`)ノヽ(´エ)ノ フッ

どんなのがいいかな~?(〃゚д゚;A アセアセ・・・
スポーツと言えばヨガかな~
僕にとってはσ(^_^;)アセアセ...

しかし、一人だと続けるのはむずかしいだろうな~ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
誰か一緒に頑張ってくれる仲間募集(*≧m≦*)ププッ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と考えています!(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!
ってyahooに載ってる感想ですがヾ(@^▽^@)ノ ワーイ


本日は「パーフェクト・ワールド」の感想ですね!!!ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ


この映画の製作年は1993年です!!

監督はクリント・イーストウッドで、脚本がジョン・リー・ハンコックです!!!!☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!

この映画のメインは何と言っても!!!ケヴィン・コスナー (ブッチ・ヘインズ)やクリント・イーストウッド (レッド・ガーネット)ですo(´^`)o ウー

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ケヴィン・コスナー (ブッチ・ヘインズ)、クリント・イーストウッド (レッド・ガーネット)、ローラ・ダーン (サリー・ガーバー)、キース・ザラバッカ (テリー・ピュー)、ブラッドリー・ウィットフォード (ボビー・リー)、レイ・マッキノン (ブラッドリー)、ブルース・マッギル (ポール・サウンダース)、マルコ・ペレラ (警官)、ジョージ・オリソン (オリソン保安官)ってな感じ。v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪

なんていうかホント良い映画だった。

イーストウッドの映画ってあんま見たことありませんが
、たぶんイーストウッドは手腕が凄過ぎて安定感が
ハンパないんだなと思います。

そのためこれといって感想は思いつかない。

ただただカントリーな雰囲気が心地いい。

男らしさとアメリカっぽい感じのする映画だったと思う。

引き込まれるドラマも素晴らしい。

しかしタイトルからしてなんとなく想像してたけどパーフェクトな世界は
ない。


最後はマジで感涙だった。

これはイイ映画だ!でも映画の中のFBIは
う●こだ。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~(o^-^o) ウフッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は嶺上開花に焦点を当てたいと思います(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイ


同じ牌を4枚集めることでカンをすることが可能ですが、
カンをした場合は手持ちの牌を4つ使っているのに
3枚のメンツと同じように取り扱うため、1枚足りなくなってしまいます。

そのため、カンをした時は特別な山から1枚自摸ってくることになるんです(^▽^;)


この時点ですでに聴牌となっていて、
カン山から自摸った牌でアガルことができれば、
嶺上開花(リンシャンカイホー)という役が付きます。


よくあるのは、すでに聴牌をしている状態で暗刻(アンコ)を持っていて、
さらに4枚目の牌を引いたことでカン、そしてカン山からツモった牌が
和了牌だったというパターンです。なお、嶺上開花は1飜です。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀2chスレ

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

嶺上開花(出現割合:0.28%)
カンをした後に上がれる役。
こちらは運による要素は大きいものの、東風戦でテンパイ時ならばカンに抵抗が無い場合は多い。初心者は良くカンを好む傾向があるが、その時にどこまで嶺上開花を視野に入れるか? また確率的にほとんどが失敗するとして、その後のドラ表示牌をどう捉えていくか?
嶺上開花というよりは、カンに対する考え方が大きく変化しそうだ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ( ̄_ ̄ )。o0○(ウヘヘ…)



DORA麻雀のレートは?

今日はこの辺で
今日は何故か目が痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っとお(^o^)や(^◇^)す(^〇^)み(^-^)で(^・^)チュッ♪



おすすめ記事