読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀最強伝説

麻雀で勝つためには色々な戦略があります。状況によってどの戦略を使うか?の引き出しを沢山持っている方が強くなりやすいですよね♪

映画「テルマエ・ロマエ」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 47 $の負け

昨晩は特別にさみーですOK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

秋と言えば秋刀魚が旬!..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!!

サンマに合わせる食べ物と言えば炊き込みご飯ですねゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪


これに軽く一杯「左馬」を飲むと最高ですプププッ (*^m^)o==3

+++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と思います!ニャハハ(*^▽^*)
とは言ってもヤフーに載ってる感想ですが(*'∇')ウフフフフ


今回は「テルマエ・ロマエ」の感想について紹介しようかと思っています。ヽ(=´▽`=)ノ


この映画の製作年は2012年です!!

この映画のメインは何と言っても!!!ルシウス演じる阿部寛です。「(´へ`;ウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、上戸彩 (山越真実)、北村一輝 (ケイオニウス)、宍戸開 (アントニウス)、笹野高史 (山越修造)、竹内力 (館野)、市村正親 (ハドリアヌス)、キムラ緑子 (山越由美)、蛭子能収 (ショールーム部長)、神戸浩 (銭湯の中年)って感じですね。(*゚▽゚*)

原作のファンでしたので待望の鑑賞。


あちらが非常におもしろかったので
、原作と違いすぎる設定にがっかり。

映画向けに脚色したのでしょうけどつまらなくなっています。

原作抜きにしても大した面白さはなく、
ラストの"感動させよう"というのが
見え見えのストーリー運びにはもう嫌気が
さしました。

続編が出るようですが、そんなにお金を
かけるほどのものなのでしょうか。



+++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~(_ー+_)逆ニヤ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は三色同刻を説明したいと思います!!!!( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ


なかなかお目にかかれない二ハン役[出口](((ノ´ω`)ノ~)))))スタタタタッ

三色で同じ数字の刻子(コウツ)を揃えると成立するんですね役。
鳴いても良いが、それでも難易度は高い。

3面子(メンツ)が刻子なので、対々和(といといほう)と複合させやすい。
三麻の際や1・9での三色同刻(サンショクドウポン)ならば、そのすぐ上位に清老頭混老頭(ほんろうとう)がある。


余程配牌に恵まれなければ門前(メンゼン)での成立は厳しく、ある程度は対戦相手に頼ることになる。

あまりにレアな役ですから、
二色同刻晒し状態でも比較的出て来やすいのが救いと言えば救いだろうか。


もちろん、意識されたら出てこない。最後の1面子は自力で工面しよう~(^◇^)/ぎゃはは




当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ"o(-_-;*) ウゥム…


明日はついに待ち焦がれた浪人の友だちとの麻雀です。
早く来ないかなキャハキャハ!!(^Q^)/゙

DORA麻雀に登録方法だぼ




おすすめ記事